まずはクラブを揃えよう(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

まずはクラブを揃えよう(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフを始めよう > まずはクラブを揃えよう

 

まずはクラブを揃えよう

 野球ならバット、テニスならラケットという風に、ほとんどの球技はひとつの道具でボールを打ちます。

プロ野球選手でもホームラン用のバットと、バント用のバットを使い分ける人はいません。ゴルフはどうかと言うと、傾斜や芝の状態・距離によって、最適なクラブが必要となり、1本というわけにはいきません。

形状や機能が異なったクラブをたくさん使った方が快適にプレーしやすく、良いスコアが出やすいからです。

ちなみにルールでは、キャディバッグに入れる本数として、14本以内なら何本でもOKと定めています。

ウッドについて

ウッドは、ドライバーとフェアウェイウッドとがあります。

ドライバーはクラブの中で最もヘッドが大きく、長いものです。主にミドルホールやロングホールで、第1打目に使います。

距離が出しやすい反面、芯に当てるのが難しいクラブです。



↑ドライバー↑

フェアウェイウッドは、フェアウェイ地点から2打目以降に使うもので、3W・4W・5W・7Wがあります。

数字が小さいほど距離が出しやすく、数字が大きくなるほどボールが上がりやすくなります。ちなみにドライバーは1Wと呼ばれています。



↑フェアウェイウッド↑

アイアンについて

 アイアンはウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブです。

6~10本単位のセットで売られていて、数字が小さいほど距離が出て、数字が大きくなるほどボールが上がりやすくなります。9番以降は、PW(ピッチングウェッジ)・AW(アプローチウェッジ)・SW(サンドウェッジ)と続きます。特にSWは、バンカーからの脱出用として不可欠なクラブです。



↑アイアン↑

 ボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使うのがパターです。グリーンに乗った後は、ボールをカップに沈めるまでパターでプレーします。

 初心者が快適にプレーするには、最初から14本買い揃える必要はありません。スイングがある程度固まって、正確な飛距離とコントロールショットが出来るようになってから、買い足しても遅くはないのです。

だいたい12本を目安にして揃えることをオススメします。



↑ゴルフクラブセット↑

具体的には、ウッドはドライバー・5W・7Wの3本、もしくはドライバー・3W・5W。アイアンは5~9番までとPW・AW・SWの8本。そしてパターです。特に、初心者には難しいロングアイアン(3番・4番アイアン)は、キャディバッグに入れなくても良いでしょう。




>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑