クラブの選び方(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

クラブの選び方(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフを始めよう > クラブの選び方

 

クラブの選び方

 クラブはわざわざ新品を定価で買う必要はありません。

車と一緒で中古ショップに行けば、旧モデルが格安で買えます。

最新モデルも中古ショップの方が安く買えるチャンスもあります。発売と同時に買ったものの自分に合わず、高く買い取ってもらえるからと、中古ショップに持ち込む人が少なくありません。

コンペの賞品でクラブをもらったりすると、自分の欲しいクラブを買うための購入資金として換金売りする人もいます。

中古ショップでは、最新モデルでもだいたい3割引以上で買えます。

在庫は場所によって異なりますが、ゴルフダイジェストオンラインの中古ゴルフクラブでチェックしたり、何軒かショップを回れば、目当てのクラブを手に入れることは難しくありません。

中古ショップの最大の魅力は「買い戻し保証」があることです。

中古クラブを買って気に入らなかった場合、だいたい20日以内であれば、80~95パーセントの金額で買い戻してもらえます。中古ショップで買えば、練習場はもちろん、コースでもじっくり試すことができます。たくさんのクラブを実際に打って、クラブによって性能が違うことを実体験して下さい。実体験こそが、クラブ選びの極意であり基本なのです。

 実際にクラブを選ぶ基準ですが、あくまでフィーリングを大事にして下さい。メーカーによって特徴は異なりますが、クラブに求める性能がハッキリしている段階ではないので、手に取ってみて「何となくいいなぁ…」と思うクラブが良いでしょう。逆に言うと、店員さんに勧められても、手に取ってみて「何か気に入らないなぁ…」と思うクラブは避けるべきです。なぜなら、気に入ったクラブを使えば愛着が沸き、練習に対しても前向きになれます。また、どのメーカーにしても初心者向けのクラブには性能差がなく、何を買ってもハズレがないと言えるからです。

 もうひとつ、グリップにもこだわって下さい。メーカーによって、グリップの握り心地や太さが違います。「手が小さいから、細いグリップ」と決めつけるのではなく、色んな太さのグリップを握ってみて下さい。お店で何種類か試せば、しっくり握れるグリップがわかるはずです。握り心地が良い方が、スイングを安定させやすいメリットがあるのです。

 最後に、店舗の大小にかかわらず、クラブのことを熟知している店員がいる店を見つけて下さい。例えば、店頭に並んでいるクラブの重さを質問してみて、返答に戸惑うようななら避けた方が良いでしょう。プロの店員ならクラブの重さだけでなく、ヘッドやグリップの重さも把握しているはずです。




>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑