グリップの握り方(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

グリップの握り方(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフを始めよう > グリップの握り方

 

グリップの握り方

グリップの握り方

gum09_ph03003-s.jpg

左手のグリップは、人差し指の第2関節から手の平の中央にかけて、斜めになるようにして握ります。

野球のバットを握るように真横に握ると、力は入れやすいですが方向性は安定しません。手の平全体でグリップを包むようにして、親指と人差し指の間は締めるようにして下さい。

手の甲の向きは自然な形が望ましいでしょう。グリップをして手の甲が下向きすぎると、右手が被りすぎて左肩が開いたり、捻転もスムースにできません。

逆に手の甲が上向きすぎると、インパクトでフェースが被り、フックボールが出やすくなります。また、手首が伸びたり曲がったりしやすく、フェースの角度も安定しません。左手の甲は少し上を向けて、人差し指の関節がしっかり見えるようにしましょう。

右手のグリップは、クラブを人差し指・中指・薬指で引っ掛けて、ピストルの引き金を引くように握ります。左手の親指を覆うようにして手の平を被せます。左手と同じように親指と人差し指の間は締めて下さい。親指はグリップの中央より左側になります。手の平は、フェース面と同じ役割を持つと考えて下さい。

クラブフェースは、開いて閉じる動作をしなければなりません。右手を深く握りすぎると、手の平は上を向きインパクトでフェースが閉じて当たったり、捻転がスムースにできなくなります。

逆に手の平が地面を向きすぎると、フェースの閉じる動作がなくなり、スライスボールが出やすくなります。また、アドレスで右肩が前に出て身体が開いてしまいます。

右手の平の向きは、フェース面と同じように、ターゲットを向いていることが大切です。

握る力の加減は、握力の15%~30%がちょうど良く、スムースにスイングできることでしょう。力を入れすぎると腕の動きがロックされて、捻転が正しくできなくなります。ゴルフのグリップは特殊で、慣れるのに時間がかかります。

グリップは重要なチェックポイントの1つなので、正しい握り方ができているか、いつもチェックしながら練習しましょう。





>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑