練習方法について(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

練習方法について(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフ上達法 > 練習方法について

 

練習方法について

ボールを置く位置

アドレスでボールを置く位置によって、打つ球の種類がある程度決まってしまいます。

スライス・フェードを打ちやすくしたり、フック・ドローを打ちやすくすることもできます。

ボールを左(左足寄り)に置けばスライス・フェードしやすくなり、右(右足)の方に置けばフックやドローを打ちやすくなります。では、ゴルフボールをどこに置くのが正しいのでしょうか?

また、何を基準にすればいいのでしょうか?

基本は9番アイアンでスタンスの真ん中を考えて下さい。そこから長い番手になればなるほど左寄りにします。

ボールを動かすというよりは、スタンスの幅が広くなるために、左寄りになる感覚です。ちなみにドライバーは、左足の踵あたりが目安になります。

gof209-s.jpg


ゴルフ初心者の共通点

振り遅れ・スライス・飛距離不足・引っ掛け・ヘッドスピードが上がらないど、色々な問題を抱えていることと思います。

その理由のほとんどがグリップやアドレス、ボールを置く位置にありますが、それ以外にゴルフスイングの軌道が大きく関係しています。自分の足の高さにあるボールを打つわけですから、上から叩いてしまう癖がつきやすいのもゴルフスイングの特徴と言えます。

 上から叩きつけるようなスイングはアップライト、ボールを横から掃うようなスイングはフラットと呼ばれています。練習場のマットはヘッドのソールが滑ってくれるので、ボールに当てようとして上から叩きつけるようなスイングを知らぬ間に身に着けてしまうゴルファーがたくさんいます。

しかし、この叩きつけるようなスイングは、実際のコースではダフリに繋がるばかりでなく、クラブが長くなればなるほど問題が起こる場合があります。

 初心者によく見られる、上から叩きつけるようなスイングを直すには、まず真っ直ぐ背筋を伸ばして立って下さい。クラブは7番アイアンなどで結構です。

クラブが体の正面にくるようにして、両腕を真っ直ぐ伸ばします。次に、体の正面にボールがあると思って素振りをしてみて下さい。スイングは肩の高さで行います。バックスイングからフォロースルーまで、真横にクラブを振るイメージです。

ボールを真横から打つ感覚が掴めたら、直立したままの形から、前傾姿勢をとります。その際、腰から曲げるようにして下さい。

決して腰を丸めないように。ちょうどお辞儀をするような形です。

素振りで行った感覚で実際にボールを打ってみて下さい。最初は慣れないかも知れませんが、グリップとアドレスが出来ていれば、この練習方法で軽いドローも出るようになります。

練習場での注意点

 とても基本的なことですが、練習中は周囲の状況に気を配らなければなりません。

特に注意するのは素振りです。前方、後方に人がいないことを確認するのはもちろん、自分の打席にあるボールに当たらないように気をつけましょう。

打席を囲むフェンスや自動ティーアップ機器にも当たらないようにします。最初はクラブの長さに慣れていないので、注意しすぎるくらいがちょうど良いでしょう。

 練習をしていると、知らない人に話しかけられ、即席レッスンをされることがあります。これが悪名高い『教え魔』です。教え魔はどの練習場にもいて、自分のゴルフ理論を色々と伝授してきます。善意の方も多いと思いますが、自分のペースで練習が出来ず、何かと迷惑な存在です。

教え魔を撃退するには、「他の人に教わっていますから」・「レッスン受けていますので」などと言い、『あなたのレッスンは必要ありません』という意思表示をしましょう。教え魔と呼ばれる人に、ゴルフの上手な人はいません。

 アドレス・バックスイング・トップ・ダウンスウィング・インパクト・フォロー・フィニッシュ。この7つの型をしっかり体に覚えさせて下さい。どれか1つでも悪くても他に影響がでるものです。特にアドレスが間違っていると他のすべてが良くても正しいスイングはできません。

 練習場では、ボールをひたすら打ち込んで下さい。

悪いスイングでも次第に良いショットが出るようになります。ただ打ち込むのではなく、一球一球自分のショットを分析することも大切です。

もし、わからなくなったら、ボールを打たず、素振りをしてみて下さい。良いスイングを身につけるには、普段より重いクラブで素振りすると、体の使い方を自然に覚えられます。




>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑