練習はどうやってすればいい?(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

練習はどうやってすればいい?(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフ上達法 > 練習はどうやってすればいい?

 

練習はどうやってすればいい?

自分に合うクラブを揃えたら、眠らせていても仕方ありません。頭では理解できていても、実際スイングしてみると、カタチになっていなかったりします。体でスイングを覚えるためにも、打ちっ放しの練習場に行きましょう。ボールを打ってみないことには何も始まりません。

まずはレッスンプロに習おう

もちろん、初めから上手く打てるわけではないので、練習場に所属しているレッスンプロに習うことをオススメします。

初めに基本を身につけなければ、自己流は生まれません。自己流のお手本であるプロゴルファーでさえ、初めは基本を叩き込み、プロになってからもレッスンを受けています。習うこと以上に上達することはないと思って下さい。

スコアがいつまで経っても100を切れないアマチュアに習っても、一生100を切れることはないでしょう。また、シングルと呼ばれるアマチュアに習うという人もいますが、体型・背丈・力量によってスイングは違い、100人いれば100通りのスイングがあります。

やはり教えるのに長けたレッスンプロの方が良いでしょう。ただ、レッスンプロも色んな方がいらっしゃるので、周りのゴルファーに話を聞いて、自分に合ったレッスンプロを探して下さい。色んな練習場に出向いて、レッスンを見学して選ぶのも良いと思います。

そして教えてもらう先生は1人に絞って下さい。色んな方に話を聞くのは大切ですが、人それぞれ表現の仕方が違います。1人のプロが基本としているものを、もう1人のプロが否定してしまうケースもあります。せっかく身につけた基本を崩されてしまう危険性があるのです。色んな打ち方を試してみるのは、基本を身につけてからの話です。

どんなスポーツも同じですが、練習を重ねることが大切です。レッスンを受けた後は、教わったことを頭に入れながら復習も忘れずに行って下さい。慣れないうちは普段使わない筋肉を動かして違和感があると思いますが、頭ではなく、体に覚えさせて下さい。筋肉が痛む箇所によって、正しく振れているかどうかもチェックできるので、先生に聞いてみましょう。

とにかくクラブを振り、ボールを打ち込まないと、いくらスイングを固めても球足は安定しません。ちょっとでもおかしいと思ったら、等身大の鏡の前でアドレス・トップの位置・フェースの向きなどをチェックしながら、ゆっくり振ってみて下さい。

野球で調子の良いバッターがハーフスイングでバットが止まるように、ゴルフも基本のスイングが出来ていればハーフスイングで止められます。試しにアドレスからトップへ振り上げて、ダウンスイング時に腰の高さで止めてみて下さい。クラブを腰の高さで止められなかったら、軸がブレている証拠です。また、腰の高さでクラブを止めた時、フェースの向きをチェックして下さい。開きすぎていればボールは右に、閉じすぎていればボールは左に行きます。

ショートコースでラウンドするのも有効

もうひとつオススメしたいのが、パー3で構成されているショートコースでラウンドすることです。実際のラウンドでは、グリーン周りのアプローチがスコアの鍵を握るほど重要になってきます。アプローチは、ピッチングショットやロブショットなど、状況によって打ち分けなければなりません。バンカーショットの練習も含めて、自分で距離感を掴むには、色んな打ち方を試す必要があるでしょう。コースデビューする前には、良い練習場所になると思います。

どんな打ち方を試すにせよ、長いクラブも短いクラブもスイングの基本は同じです。アプローチの練習は、距離が短い分だけ正確なコントロールが要求されます。フルスイングではなくハーフショットが多くなるので、ちょっとでもカタチが崩れると、良いショットが打てません。スイングした時の肩の位置・ひざの高さ・フェースの向きなどをチェックしながら練習してみて下さい。

もしハーフショットを打つ自信がなかったら、練習場の打席に戻りましょう。両足を閉じた状態のままアドレスをし、30~50ヤードを打つ感覚でハーフショットをしてみて下さい。腰・ひざ・腕の使い方が正確に出来ていれば、ボールを真っ直ぐ打ち出せるはずです。打ち出す方向が左右にブレていたら、腰・ひざ・腕の使い方が間違っている証拠です。

自分の悪い癖を早く掴み、スイングが固まらないうちに矯正できれば上達は早いと思います。また、1本でも構わないので、絶対的な自信が持てる得意なクラブを作りましょう。実際にコースに出た時に、安心できるクラブがあれば、かなりの強みになります。それと、どの番手もそうですが、自分の飛距離をしっかり把握して下さい。せっかく良いショットを打っても、距離感を間違えればスコアはまとまりません。




>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑