覚えておきたいゴルフのルール(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

覚えておきたいゴルフのルール(ゴルフレッスン!基礎知識と上達法!)

TOPページ ゴルフを始めよう > 覚えておきたいゴルフのルール

 

覚えておきたいゴルフのルール

最低限のルールを取得していなければスムースなプレーは出来ません。少しずつ基本的なルールを覚えていきましょう。残念ながら、ゴルフを始めた時から、きちんとしたルールを知らないまま、ベテランゴルファーになった人も少なくありません。ルールブックを携帯しているゴルファーもほとんどいないのが実情です。スムースなプレー進行と、さらにゴルフを楽しむためにも、最低限必要なゴルフルールを知っておくことが必要です。

OBについて

★O.B.とはアウトオブバウンズ(out of bounds)の略で、プレーできる区域から外れてしまうことです。プレー区域は白い杭で示されていて、はみ出してしまうとO.B.になり、1打付加して打ち直します。1打目がO.B.になると、次は同じところから3打目になります(規則27)。

実際のプレーの状況では、打った後にO.B.かどうかわからない場合があります。

その時は「暫定球を打ちます!」と、同伴プレーヤーに宣言して、同じ場所からもう一度打つことが出来ます。

これはO.B.だとわかった時に、引き返して打ち直さなければならない時間ロスを防ぐためです。O.B.だと暫定球がそのままインプレーのボールになります。O.B.でなければ暫定球を回収します。

 意外に間違った処理を行いがちなのが、ロストボール(紛失球)の処理です。

ロストボールは、プレー中に林やラフの中に入ったりして、自分のボールを見つけることが出来なくなってしまうことです。基本的にはロストボールもO.B.と同様の処理を行います。

 実際のプレーでは、ボールのありそうな場所まで行ってみて、初めてロストボールとわかるケースが多いのですが、元の場所まで引き返し、打ち直してプレーをすることはほとんどありません。ボールが見つからず、スロープレーになることを防ぐためにも、ロストボールになりそうな林やラフに打ってしまった場合は、暫定球を打つ習慣をつけておきましょう。

 多くのゴルフ場では、ホールによって、プレーイング4(前進4打)などと呼ばれる特設ティが設けられています。ティショットでO.B.を打った後に、打ち直したと仮定して、4打目から打つことの出来るティで、通常は黄色いティグラウンドで示されています。厳正なルールから外れている点と、日本だけで行われているルールであることから、批判されることの多いのですが、スムースな進行のために止むを得ないシステムだと言えます。

初心者は特にティショットが不安定なので、無理をせずプレーイング4を利用しましょう。

マークについて

★グリーン上では、同伴プレーヤーの邪魔にならないようボールをマークします。マークとは目印(マーカー)をつけ、ボールを拾い上げることです(規則20-1)。

 マークする際は、ボールを動かさないようにボールの後ろにマーカーを置き、ボールを拾い上げます。自分のプレーを行うときは、カップに近づかないように気をつけながら、ボールをマーカーの前に置きます。プロのトーナメントでも、マークの仕方が悪いとクレームや罰打の対象になります。きちんとしたやり方を最初に覚えておきましょう。

同伴プレーヤーがマークをせず、そのままパッティングを行った際、もし同伴プレーヤーのボールに触れてしまったら2打罰になります。視界に入って気になるようなら、マークをお願いした方が無難です。

自分のパッティングライン上に、同伴プレーヤーのマーカーがある場合は、マークの位置をずらすことを要求できます。パッティングは個々のリズムで行うので、本来は要求された時に初めてマークをずらしますが、目上の人などとのラウンドする時は、パッティングに入る前に「マークをずらしましょうか?」と、一声かけるのも良いでしょう。

グリーン外からのアプローチについて

★グリーン外からアプローチを行い、既にグリーン上にある同伴プレーヤーのボールに触れた時は、ペナルティにはなりません。自分のボールはそのままの位置で、ぶつかった同伴プレーヤーのボールは、元の位置にリプレースして下さい(規則19-5a)。

旗竿を抜いた後について

★旗竿を抜いた後は、プレーと関係のない離れた場所に置くようにしましょう。抜いた旗竿に当たってしまうと、2打罰のペナルティになります(規則17-3)。

ゴルフコースの中にある木の葉・動物の糞・虫などは、ルースインペディメント(Loose Impediments)と呼ばれています。砂や土も、グリーン上でのみルースインペディメントと認められます。ルースインペディメントは、バンカーや池(ウォーターハザード)を除き、ペナルティなしで取り除くことが出来ます。その際、ボールを動かしてしまった場合は1打罰で、元の場所に戻してプレーします。

動かせない障害物について

★コース内には、動かせない障害物(Immovable Obstruction)があります。スタンスやスイングの妨げになるなど、プレーに障害が生じる場合は、無罰で救済を受けることが出来ます。動かせない障害物の代表的なものは、カート道路・金網・排水溝など(規則24-2)。

救済を受ける際は、①ホールに近づかない位置 ②プレーに邪魔にならない位置 ③元のボールにいちばん近い位置に、ティなどでマークします。その場所をニアレストポイント(Nearest Point of Relief)と呼びます。ニアレストポイントからワンクラブレングス(クラブ1本分の長さ)以内の場所にボールをドロップ(落とす)します。サブグリーンにオンした時や、カジュアルウォーター(コース内に出来る一時的な水溜り)にボールが止まった時も適応されるので、よく覚えておきましょう。

 ゴルフはプレー中にレフリーが存在せず、ゴルファーはルールを守る誠実さを備えていることがゴルフ規則の前提となっています。きちんとしたルールに沿ってプレーできれば、ゴルファーとして一人前と言えます。ラウンドの前にルールを把握し、気持ちよくゴルフを楽しみましょう。




>>【東京】六本木店、三田店、日本橋店、池袋店、【大阪】心斎橋店、【福岡】天神店と店舗拡大中!【ライザップゴルフ】申込はこちらから

スポンサードリンク

ページトップへ↑